2022/03/19
彼氏

愛情表現が少ない彼氏の心理を大解剖!仲良く付き合っていくコツを解説

愛情表現が少ない彼氏の心理を大解剖!仲良く付き合っていくコツを解説

愛情表現をあまりしてくれない彼氏ともっと幸せに恋愛をするコツを紹介します。

愛情表現が乏しいからといって愛されていないとは限りません。彼氏の心理を知りましょう。

愛情表現が少ない男性の心理

愛情表現が少ない男性の心理

愛情表現をあまりしてくれない男性の心理に迫りました。

恥ずかしい

恥ずかしがり屋の男性の場合、愛情表現をしてくれない理由はズバリ「恥ずかしい」です。

心許した女性に対してであっても、言葉や動作で愛情表現をするのを恥じらいます。

愛情表現を求められていると分かっていても照れてしまってできません。

「俺のキャラじゃない」などと言って拒みます。

必要が無いと思っている

彼女の求めるような愛情表現の必要性を感じていません。

「一緒にいる=好きの証拠」と考えています。

わざわざ言葉や行動にしなくてもいいじゃないか、という思考です。

「わざわざ言わなくても分かるだろ?」「好きじゃなかったら一緒にいない」などがお決まりのフレーズ。

愛情表現が苦手

感情を表に出すのが苦手なタイプは愛情もうまく表現できません。

今まで身を置いていた環境などの要因で、感情を面に出す習慣がない男性もいます。

元カノが淡泊だったり彼氏の両親が彼氏の前であまりイチャついていなかったりした場合、「カップルってこんなもの」と認識しているのかもしれません。

自分では愛情表現をしているつもり

「自分では積極的に愛情表現をしているつもり」という男性もいます。

彼女が愛情表現に気が付いていないという主張です。

「愛情表現とは何か」という認識をすり合わせましょう。

LINEの頻度、手をつなぐ、プレゼントなど、お互いに求めている愛情表現を話し合いましょう。

気付きにくい彼氏なりの愛情表現

気付きにくい彼氏なりの愛情表現

彼女の求めている愛情表現とは少し違う形かもしれません。

しかし、彼氏なりの愛情表現をしっかりと受け止め、応えてあげてください。

会う回数を増やそうとしてくれる

会う回数を増やそうとしてくれるのは、彼氏にもしっかりと好きという感情がある証拠です。

大好きな彼女とたくさん会いたい、不安な思いをさせたくないという気持ちからきています。

忙しくてもなるべくスケジュールを調整してくれているのならば、体を張った愛情表現です。

一緒にいる時間をなるべく長くしてくれる

「一緒にいる=好意の証」と考えている男性は多いです。

一緒にいる時間を長くしてくれているのならば、それは彼氏なりの愛情表現です。

デートで家の近くまで迎えに来てくれたり送り届けたりしてくれてはいませんか?

もちろん、長く一緒にいればいいというものではありません。

終電や疲労などを考慮して早めにデートの切り上げを提案するのも、思いやりのある紳士的な行動です。

感謝の言葉を伝えてくれる

細かいことでも感謝の言葉を伝えてくれるのは深い愛情があるからです。

「君がいてくれてよかった」「君がいないとダメなんだ」という気持ちが感謝の言葉を生み出します。

「連絡をくれてありがとう」「教えてくれて助かった」「予定を合わせてくれて嬉しい」など、感謝や喜び、お礼の言葉を惜しみません。

心の底から思っているからこそ、頻繁に口にします。

熱烈な言葉だけが愛情表現ではありません。

ご飯などをおごってくれる

普段、友人などに奢らない男性の場合、彼女を特別扱いしているという意味で奢っています。

カフェのコーヒーや食べ歩きスイーツなど、1000円未満でもです。

奢ってくれるという事実そのものを愛情表現として受け止めましょう。

ほかにも駐車場代やガソリン代などを「男性が払って当たり前」と思っていませんか?

だとしたらとてももったいないです。

感謝をしっかり伝えましょう。

こまめに連絡してくれる

男性は女性よりも連絡を取るのが苦手な傾向があります。

それでも、彼女が寂しがるからという理由で頑張ってLINEをしてくれるのならば、立派な愛情表現です。

愛がなければできません。

悩みや愚痴を打ち明けてくれる

感情表現が苦手な男性にとって、悩みや愚痴を人に話すのは簡単なことではありません。

見栄やプライドからくる武勇伝や自慢話が多いです。

しかし信頼し、心を許している証として彼女だけに悩みや愚痴を打ち明けることがあります。

愚痴を聞かされて「今、彼から愛情表現をされているのね」という気持ちにはなりにくいかもしれません。

でも弱みを晒すのは勇気のいる行為です。

あなたにならばそれをしてもいい、と思った彼氏の心を汲んであげましょう。

愛情表現が少ない彼氏の気持ちの確認方法

愛情表現が少ない彼氏の気持ちの確認方法

愛情表現をあまりしてくれない彼氏だと、本当に愛されているか不安になりますよね。

彼の気持ちを確認する方法を紹介します。

付き合った当初より愛情表現が少なくなった⇒【好意20%以下】

付き合い始めた頃よりも愛情表現が減った場合、残念ながら気持ちは冷めつつあります。

元々の性格の問題ではなく、あなたへの愛情が薄くなったのが理由で愛情表現をしてくれません。

いわゆる飽きや倦怠期が原因です。

愛情表現をねだるのではなく、愛情そのものを復活させられるように頑張りましょう。

会う回数が多くなった⇒【好意40%】

たまたまの可能性もありますが、愛情表現が苦手な彼氏なりに努力した結果が会える回数の増加である可能性があります。

寂しい素振りをあなたが見せた後に急に会う回収を増やしてくれたのならば、愛情がある証拠です。

言葉よりも行動で愛情を示すタイプの彼氏です。

自分のことを友人などに話している⇒【好意60%】

恥ずかしがり屋の彼氏が彼女のことを人に話す機会は滅多にありません。

誰かに自分のことを話してくれている素振りがあるのならば、彼氏はあなたに対してそれなりに好意があります。

内容は彼女自慢やノロケ話でなくても大丈夫です。

人に話すという行為はそれだけで、彼氏にとって彼女の存在が大きいことを意味しています。

記念日を祝ってくれる⇒【好意80%】

記念日のお祝いは愛情表現が苦手な彼氏であっても、恥ずかしがらずに愛を伝えられる大切な機会です。

気取った言葉や行為も記念日ならば、普段よりもハードルがぐっと下がります。

記念日を忘れずに祝ってくれるならば、彼氏の気持ちはしっかりとあなたに向いているでしょう。

疲れているときにも会ってくれる⇒【好意100%】

どんなに疲れていても、大好きな人に会いたいという気持ちは変わりません。

疲れていても会おうとしてくれるのならば、彼氏があなたのことを大好きでいる証拠です。

ただし愛情を確かめようと、疲れている彼氏を何度も呼び出してはいけません。

愛情と体力が限界を迎えます。

疲れている彼氏を労わるという、彼女側の愛情表現もお忘れなく。

愛情表現が少ない彼氏に嫌われるNG行動

愛情表現が少ない彼氏に嫌われるNG行動

愛情表現が少ない彼氏に不満を募らせていたとしても「これだけはしてはいけない!」という行為があります。

気を付けてください。

愛情表現が少ないことを責める

「何で愛情表現をしてくれないの!」と責めるのは逆効果です。

自分を責める女性を可愛いとは思えません。

可愛いと思えなければ、ますます愛情表現をしたいという気持ちは遠のきます。

愛情表現をしてくれたとしてもそれは愛情からくるのではなく、喧嘩を回避するためにやっているだけです。

責めるのではなく「〇〇をして欲しい」などと具体的に伝えた方がいいでしょう。

他のカップルと比べる

「○○のカップルは、ペアルックで楽しそう」などと他のカップルと比べられるのは彼氏にとって面白くありません。

「じゃあ、ペアルックしてくれる男性を彼氏にすれば?」という気持ちになります。

外部からの刺激を受けることは悪くありませんが、比較はやめましょう。

とくにSNSに振り回されるのは危険です。

「靴下だけおそろいにしてみない?」など、自分達らしく楽しめる方法を提案してみましょう。

他の男性に目移りする

当然ですが、浮気と勘違いされかねない行動は慎んでください。

愛情表現が少ないと日々嘆いている彼女に対し、彼氏は必要以上に神経質になっている場合があります。

少しでも彼女の浮気を疑うと「やっぱり俺とは合わなかったのか」と感じ、気持ちが冷めやすいです。

「愛情表現をしてくれる男性が好き」なのではなく、「あなたを好きだから愛情表現が欲しい」と彼に分かってもらってください。

愛情表現が少ない彼氏と仲良く過ごすコツ

愛情表現が少ない彼氏と仲良く過ごすコツ

愛情表現が少ない彼氏と楽しく過ごすためのポイントを紹介します。

「カップル」への考え方を改める

「カップル=毎日イチャイチャするもの」と考えているから辛い気持ちになります。

「お互い大人だから、ずっとイチャイチャはしない」と考えてみてください。

気持が楽になりますよ。

周囲を見渡せば幸せそうにイチャイチャしているカップルが目に入るかもしれません。

しかしそれらは彼らが今この瞬間に限り、特別に目立っているだけです。

道行くほとんどの人はパートナーがいても、見せびらかすようなことをせずに、自分達なりの方法で絆を深めています。

彼氏なりの愛情表現を楽しむ

愛情表現が少ない彼氏は人とは異なる愛情表現をしがちです。

考え方を変えれば、愛情表現だととらえられることもあります。

それらを発見することに楽しみを見出してみましょう。

たくさん写真を撮ってくれる、ほんの少し髪を切っただけでも必ず気が付いてくれる、マスク越しでも気持ちが筒抜けなど、彼氏なりの愛がたくさんあるはずです。

自分から積極的に愛情表現をする

好きな彼女に愛情表現をされて嫌な気持ちになる男性はいません。

女性側から愛情表現をすれば、彼氏もしやすいです。

積極的に愛情表現をすれば、少なくとも相手は不安になりません。

よく言われることですが「やって欲しいことはまずは自分から」です。

「愛している」と言って欲しいならば自分から言いましょう。

抱きしめて欲しいのならば自分から抱きしめてください。

彼氏に愛情表現してもらう方法

彼氏に愛情表現してもらう方法

そうはいってもスタンダードで熱烈な愛情表現にも憧れますよね。

彼氏の愛情表現へのハードルを下げる方法を紹介します。

愛情表現が恥ずかしく雰囲気を作る

部屋で2人きり、洋画の恋愛映画を観るなど「愛情表現=恥ずかしい」という気持ちが薄れる工夫をしましょう。

人前で愛情表現をするのは、恥ずかしがり屋なタイプには難しいです。

映画などでお手本を示し、実行しやすい環境を整えましょう。

非日常な空間を利用する

旅行や高級なレストランに行くなど、非日常な雰囲気を作りましょう。

彼氏は興奮状態になるのでいつもよりも愛情表現をしてもらいやすくなります。

継続性はありませんが、1番ハードルが高いのは最初の1回です。

何度も繰り返せば慣れてきて、非日常という演出が無くてもできるようになります。

愛情表現してくれた時に思いっきり喜ぶ

彼氏なりに愛情表現してくれたら、思いっきり喜ぶ姿を見せましょう。

そうすれば彼氏は「愛情表現をすれば大好きな彼女が喜ぶ」と学びます。

愛情表現に前向きになってくれるでしょう。

せっかく彼氏が勇気を出して愛情表現をしてくれたのに、あなたが照れてしまっては台無しです。

満面の笑みで「嬉しい!ありがとう!」と伝えてください。

愛情表現の少ない彼氏から愛情をたくさんもらおう!

愛情表現の少ない彼氏から愛情をたくさんもらおう!

彼氏からの愛情表現が少ないと不安な気持ちになりますよね。

しかし愛情表現をしてくれないからといって、愛されていないとは限りません。

女性が求める形での愛情表現を苦手としている男性は多いです。

彼氏の心理を知り、分かりにくい愛情表現を見つけだし、そしてたくさんの愛情を引き出して楽しく交際をしましょう。

オンライン占い館 当たる占い師.com
まずは無料で会員登録

当たる占い師.comは、電話占い・チャット占いができるオンライン占いサービス

凄腕の占い師が悩みを解決してくれますよ

今なら1,000円クーポン配付中!

今すぐ占う
オンライン占い館 当たる占い師.com