妊娠中に浮気をするのはなぜ?妻の妊娠中夫が考えていること・予防策
2022/11/23
浮気

妊娠中に浮気をするのはなぜ?妻の妊娠中夫が考えていること・予防策

妊娠中の浮気はなぜ多い?妊娠中に浮気をする男性のパターンと心理・浮気予防法

「妊娠中に浮気なんてありえない!」そう思う女性は多いと思います。

しかし、残念なことに、妻の妊娠中の夫の浮気は珍しくありません。

新しい家族を迎えるおめでたい時期にもかかわらず、なぜ夫は浮気をしてしまうのでしょうか?

妻の妊娠中夫が考えていることを知り、妊娠中に浮気されないためには何ができるか考えましょう。

妊娠中に浮気されやすいのはなぜ?

妊娠中に浮気されやすいのはなぜ?

新しい家族を待ちわびる妊娠中、本来ならば夫婦の絆はより一層強まる時期のはずです。

しかし、実際には浮気問題が勃発する夫婦が後を絶ちません。その理由についてまとめました。

妻とのセックスが減るから

妊娠中の体はデリケートで、セックスは推奨されていません。

女性の負担が大きかったり、男性が罪悪感を持ったりして頻度が減っていきます。

ほとんどの妊娠中の女性はセックスどころではないので、セックスがなくても気になりませんが、男性はそうはいきません

妻で満たされない性欲を外で発散させようとし、浮気に発展することがあります。

妻の体型が変化して性欲が湧かないから

妊娠中、女性の身体にはさまざまな変化が生まれます。

お腹が出てくるのはもちろん、毛深くなったり、肌の調子が悪くなったりする女性も珍しくありません。

また、つわりや不調などで手入れが行き届かない女性も多いです。

そんな妻に魅力を感じることが出来ず、他所の女性にフラフラしてしまう夫もいます

心が父親になりきれていないから

男性は女性に比べて親になる自覚が育つのが遅いと言われています。

奥さんが妊娠中の段階ではまだ、「父親になったぞ」という自覚を持てない人も多いです。

それでも大抵の男性は「妻が大変そうだから妻を労わろう」と、妻には興味を向けます。

しかしなかには奥さんが自分に興味を向けていない今こそ「チャンス!」と思ってしまう残念な男性も…。

「父親にならった」と言われてもピンとこず、無責任な行動に走ってしまいます。

根本的に想像力が足りておらず、深く考えることができません。

子育てが始まると遊べなくなるから

子育てにネガティブなイメージを持ち過ぎて、浮気に走る男性もいます。

「子育てはとにかく大変で、父親は損ばかり。仕事以外の時間はすべて子どもと妻に捧げなければならない。遊ぶお金も時間もまったく持てない」と想像し、勝手に被害者になっていることが多いです。

まずは仕事以外の時間を全て家庭に注ぎこんでから言って欲しいものですが…。

そんな被害者意識の強い男性は「よし、今のうちに遊んでいこう」という結論になってしまうことがあります。

「今のうち」と言う人ほど、出産後も心を入れ替えはしません。

妻の妊娠中に夫が考えていること

妊娠中の浮気 3つのパターン

妻が妊娠中、夫は何をかんがえているのでしょうか?代表的なものを紹介します。

体調を気にかけている

妊娠中の妻の体調が気になっています。

つわりを始めとする体の不調はないか?痛みはないか?欲しいものはないか?して欲しいことはないか?など、心配はつきません。

ちょっと検索すれば、妊娠中の大変さを綴ったエピソードが大量に出てきます。

そして、対応次第で夫に惚れ直したり愛情が下がったりしたエピソードも盛りだくさんです。

ほとんどの夫は「妻を助けたい」さらには「妻からの好感度を上げるチャンス!」と捉えています。

妊娠中の接し方がわからない

妊娠を知った直後の夫は上記のように、志を高く持っていることが多いのですが、実際はなかなかうまくいきません。

妊娠すると、女性は心身共に非常にデリケートになります。

ささいなことで怒ったり泣いたりしやすくなることも多いです。

「私の気持ちなんてあなたには分からないわ」と言う妻もいます。

せめて逆鱗に触れないように距離を取ろうとするのですが、それはそれで文句を言われ、妊娠中の妻をうざいとさえ感じてしまいます。

そんなときに、逃避先があると…誘惑に負けてしまう夫も少なくありません。

何をしていいか分からない

妊娠中の妻の力になりたいとは思っています。

しかし、実際に何をしていいのか分かりません。

「して欲しいことをはっきり言ってくれればいいのに」と思っています。

しかし、妻の方も自分自身をコントロールできていない状態です。

自分のことで手いっぱいでとても大変なのに、夫がのほほんと指示待ち状態だと、イラっとしてしまうことも…。

ここで双方に多少なりとも余裕や思いやり、感謝の気持ち、想像力などがあればいいのですが、そうでないとすれ違いになりやすいです。

お腹の子どものことばかりで寂しい

妊娠すると、妻はまだ見ぬ子どもに関心がすべて行ってしまいます。

妊娠前は献身的に夫を支えていた妻も妊娠すれば夫のことなど、二の次、三の次…。

妻にかまってもらえない、愛情が子どもにとられてしまった…そんな不満や嫉妬を持つ夫もいます。

タイミング良く、職場などで世話を焼いてくれる女性などに出会ってしまうとさらに危険度は増すでしょう。

父親というプレッシャーに耐えられない

世間ではマタニティブルーや産後うつの理解がだんだんと進んでいますが、女性だけでなく父親になる男性だって大変です。

精神的にも経済的にもプレッシャーを感じ、現実逃避をする男性もいます。

また、女性はお腹に子どもがいる実感があるので、比較的早い時期から子どものいる人生に対しての覚悟が固まります。

しかし、男性は実感がわきにくく覚悟が定まらないままプレッシャーばかりが大きくなって追い詰められてしまいやすいです。

妊娠中に浮気されないためには

妊娠中に浮気されないためには

妊娠中、夫の浮気を予防する方法をまとめました。

妊娠中、夫のことまであれこれ気を回す余裕がないかもしれませんが、出来る範囲だけでもやっておいて損はありません。

コミュニケーションをかかさない

夫にさみしさを感じさせないようにしましょう。

会話をする、旦那をねぎらう、ハグやマッサージなどのスキンシップを大切にするなどを心がけましょう。

「あなたのこと、信用しているの。頼りにしているわ。」と何度も伝えておけば、夫は妻の信頼を裏切るような行為を軽はずみにできなくなります。

セックス以外の愛情表現を大切にしてください

セックスについて話し合う

女性は妊娠中、そして出産直後は妊娠前のようなセックスができないのだと伝えておきましょう。

求められた時に「それくらい常識でしょ!」と、頭ごなしに拒絶するような態度は夫を傷つけます

「大きなトラブルがなくて、夜よく寝られるようになったら、出産後半年くらいから再開できるよ」と前もって伝えておけば、夫はいつまで禁欲をすればいいのかが分かり、落ち着いて待てます。

また、妻が早く調子を取り戻し、セックスに応じてもらうために子守や家事などに協力的になってくれるでしょう。

新米パパのための本や記事などを読んでもらうのもおすすめです。

見た目を少しでも気を遣う

妊娠前のようなお手入れやオシャレは難しいかもしれませんが、素敵なマタニティ服を選んだり、妊娠中でも問題の無いサプリメントを摂ったりしてみましょう。

敏感になっているお肌も妊婦用の基礎化粧品でお手入れできます。

香りのよいクリームを塗ったり、ヘアサロンで毛先を整えるなどもおすすめです。

できる範囲で女性らしさを忘れないように気を遣いましょう

旦那の帰宅時に笑顔で迎える

「帰りを待っていたよ」という雰囲気を出しましょう。

帰りたくなる家にすれば、夫も気分よく帰宅できます。

とはいえ、不調だと笑顔を作ったり家をきれいに整えたりするのも難しいですよね。

家の中が暗いと雰囲気が暗くなりやすいので、玄関とリビングの電気だけはつけておきましょう。

これだけでもかなり違います。

帰宅したら「おかえりなさい。きょうも一日お疲れ様」と声に出すようにしましょう。

そして「私も赤ちゃんお腹で育てるの頑張ったよ」と続ければ、夫のほうも「お疲れ様」と言ってくれるはずです。

妊娠中に浮気が発覚した時の対処法

残念ながら夫が浮気をしていることが発覚した場合の対処法を紹介します。

証拠を集める

まずは証拠が必要です。

LINEの履歴、ホテルにはいる写真などを手に入れましょう。

1人では難しい場合は知人に協力してもらったり探偵に依頼したりするなどの方法もあります。

まだ肉体関係はなさそうで、釘をさす程度にとどめる場合はLINE履歴を押さえる程度で大丈夫です。

しかし、慰謝料請求や離婚まで視野に入っている場合は確実な証拠写真(ホテルの出入り写真など)を手に入れましょう。

言い逃れできない証拠があると、今後がスムーズです。

旦那に事実の確認をする

証拠を集めたら夫に事実確認を行ってください。

事実を認めたら今後どうするかの話し合いをしましょう。

自身で行うのが辛かったら実家や弁護士に頼むのもアリです。

言い逃れしようとしたり話し合いに応じなかったりする場合も周囲の助けを借りましょう。

事実確認は証拠だけでなく、テクニックも必要です。

真正面からぶつかると、夫も硬い態度になりやすいです。

「相手の女性に誘われちゃったのね。私もあなたの相手をしてあげられなかったし」など、しおらしい態度をとると、「許されるかも」と思ってべらべらしゃべります。

離婚するか関係修復をするか決める

全ての決定権はあなたにあります。

夫の態度や今後の生活、自分の気持ちなどを整理して決めましょう。

すぐに決められないのならば「とりあえず保留」にしてもかまいません。

悩んだときには事実や懸念事項、それぞれの選択をした場合のメリット・デメリットを書き出すのがおすすめです。

状況を整理することで、自分がどうしたいのか、どうすべきなのかが見えてきます。

関係修復をする場合は「許したわけではない」と、夫によくよく釘を刺しておきましょう。

妊娠中の浮気は離婚すべき?

妊娠中の浮気は離婚すべき?

妊娠中の浮気は酷い裏切り行為です。「許せない!」「こんな男いらない!」と思うのは当然のこと。

ただし、即離婚を決断するのはあまりおすすめしません。冷静さを失わずに判断をしましょう。

冷静な時に判断する

妊娠中や出産直後は、ホルモンや体調の関係で感情的になりやすいです。

感情に任せて即離婚をしてしまうと、財産分与や養育費でうまく立ち回れなかったり、しばらくしてから後悔したりするリスクがあります。

法律上、不貞を理由に離婚を提起できるのは不貞発覚から3年以内です。

出産を終え、育児が軌道に乗ってから判断しても遅くはありません

その間に夫を許せたり、夫の改心に納得出来たりすることもあります。

子育てを通して判断をする

良い父親、良い夫として振舞い続けるようならば離婚はせず、そうでないのならば離婚します。

この場合、夫がするべきこととしてはいけないことを詳細に書き出し、夫婦で共有してください。

さらに「ダメだ」と判断した時に即離婚に移せるように準備をしておくことも大切です。

夫婦共有の財産は妻名義にしておく、仕事を確保する、離婚や養育費や福祉について勉強しておくなど、できることはたくさんあります。

妻側が「その気になったらいつでも離婚できる」体制を取っておくと、夫に舐められません。

今は我慢して子供が成人したら離婚

許すか許さないかで迷ったら子どもの幸せを第一に考えるようにしてみると、自分が選択すべき道が見えてくることもあります。

出産後、育児を通して仲が修復することもあるでしょう。

また、「この子の為ならば夫をATMにすることくらいなんでもない」あるいは「両親そろった温かい家庭を作って行こう」と思える場合もあります。

「いずれは離婚したいけれど、とりあえず安定した生活の中で育児と就職のための資格習得に邁進しよう」という作戦もいいでしょう。

一緒にやっていけないなら即離婚

これ以上一緒にいるなど耐えられない、生理的に受け付けないなど、離婚以外の選択肢が一切ないのならば、即離婚です。

まずは婚費をもらいながら別居して、養育費や慰謝料の取り決めをしてから離婚するのが理想的な流れではあります。

しかし相手がマトモでない場合は通用しません。

実家や行政、福祉など、頼れるものはたくさんあります。

我慢してズルズルと長期間ストレスにさらされる辛さから解放されましょう。

まとめ ◆ 妊娠中の浮気は自分だけの問題じゃない

夫婦の絆をより一層強くすべき妊娠中に浮気をしてしまう男性は、残念ながら少なくありません。

浮気はショックな出来事ではありますが、即離婚はおすすめしません。

離婚の決断は自分だけでなく、子どもの人生にも大きな影響を及ぼします

できるだけ予防策を講じ、それでも浮気をされてしまった時は広い視野で判断をしましょう。

すぐに判断ができない場合は出産を終え、育児がある程度軌道に乗ってからでも大丈夫です。

子どもと自分の未来に後悔のない選択をしてくださいね。

オンライン占い館 当たる占い師.com
まずは無料で会員登録

当たる占い師.comは、電話占い・チャット占いができるオンライン占いサービス

凄腕の占い師が悩みを解決してくれますよ

今なら1,000円クーポン配付中!

今すぐ占う
オンライン占い館 当たる占い師.com