2022/04/20
結婚したい

スピード同棲のメリット・デメリットを解説!スピード同棲は結婚も早まる!?

スピード同棲は結婚も早い!?メリット・デメリットとうまくいくコツを解説

スピード同棲のメリット・デメリットを解説します。

付き合いたての彼氏との同棲は大変なことが多いです。

しかし、より深く理解しあえたり結婚を早めたりするメリットもあります。

スピード同棲になる交際期間は3ヶ月以内

「スピード同棲」になる交際期間は3ヶ月以内

アンケートによると、同棲に踏み切るカップルの多くは半年以内に同棲を開始しています。

「付き合って数日」「交際1~2ヶ月」など、交際3ヶ月未満の同棲は「スピード同棲」の分類です。

スピード同棲がうまくいくかは状況次第ですが、交際期間が短いほど破局しやすい傾向があります。

ただし、これは悪いこととは限りません。

「同棲したからこそ早めに合わないのが分かった。時間を無駄にせずに済んだ」という考え方もできます。

長年付き合っていても、同棲したとたんに上手くいかなくなるケースは少なくありません。

未来に繋がる恋愛をしたい人や、早く見極めたい人にはスピード同棲を検討してみましょう。

スピード同棲が結婚を早めるパターンは有る

スピード同棲が結婚を早めるパターンは有る

スピード同棲をして手ごたえを得られれば、結婚への第一歩になります。

しかし、現実には上手くいかないカップルも多いです。

「同棲したら彼氏が満足してしまって、そのままズルズルと何年も……」などという話を聞いた人も多いでしょう。

スピード同棲で幸せを掴むポイントは2つです。

1つはメリット・デメリットを見極めること。

夢ばかり見ていても、不安ばかり募らせていてもいけません。

もう1つ男性の「一緒に住みたい理由」への理解です。

男性の理由が自分にとってもメリットのあるものならば、踏み出してみる価値があります。

「スピード同棲」のメリット4つ

「スピード同棲」するメリット4つ

スピード同棲で得られる4つのメリットを紹介します。

1.お互いの生活ペースを把握できる

一緒に住まないとお互いの起床・就寝時間や家での過ごし方は分かりません。

彼の意外過ぎる癖や、謎の習慣を発見する場合もあるでしょう。もちろん、逆もしかりです。

相手の「どうしても嫌」な一面が結婚後に見つかると悲惨です。

金銭感覚、衛生観念、食事などは特に長年の習慣によるものなので、双方共にこだわりが強く出ます。

結婚前のお試し期間として、同棲はとても有効です。

2.仲直りのルールができる

同棲をすると、喧嘩をしても基本的に逃げ場がありません。そのため、不要な喧嘩を回避する方法を習得できます。

彼の機嫌が悪そうならば、好物を作ったり気分転換に連れ出したりしようと考えるようになるでしょう。

また、喧嘩をしても「当日中に仲直りをする」などといった、2人だけのルールもできてきます。

2人だけの気遣いやルール、距離の取り方などが定着すると絆はより強まり、離れがたくなるでしょう。

3.スピード同棲の「成功例」になれる

世間的に、「スピード同棲」はあまり良いイメージを持たれていません。

特に親世代は娘のスピード同棲を心配します。友達にも「すぐに別れそう」と先入観を持たれやすいです。

だからこそ、スピード同棲を成功させれば、親と友達の予想を良い意味で裏切ることになります。

「あなたの決断が正しかったのね。同棲してから幸せそうな顔をしている」と親や友達に言われるのは気分のいいものですよ。

4.ハードルを乗り越えて絆が深まる

ずっと実家暮らしで家事をしてこなかったり、彼の転勤で見知らぬ土地で暮らすことになったりした場合、苦労はたくさんあるでしょう。

交際から日の浅いスピード同棲ならば、なおさらハードルが高いです。

しかし、ハードルが高い分、協力体制も築きやすいので絆が深まるでしょう。苦手なことや不安に直面した時の対応次第で人間力が鍛えられます。

お互いに新鮮味があるからこそ、勢いで頑張れてしまうことも多いです。

逆に、付き合いが長いからこそ、甘えが出てしまって上手くいかない場合もあります。

「スピード同棲」のデメリット3つ

「スピード同棲」するデメリット3つ

スピード同棲のデメリットについても知り、覚悟と対策をしましょう。

1.引っ越しが大変

女性の自宅に彼氏が引っ越してくる場合は別ですが、女性側が引っ越すのであれば、準備が大変です。

同棲後の生活費は軽減するかもしれませんが、引越し費用で一時的に出費は高額になります。

費用だけでなく、住民票や免許、保険、会社の書類などの住所変更も行わなければなりません。

さらに、スピード同棲をしてもうまくいかなかった場合、また引っ越しが必要です。

2.親の説得が大変

付き合って間もないうちに同棲するとなると、親は心配をします。

「どうして、そんなに早く一緒に住もうとするのか」を理解できません。

相手の男性に不信感を抱く場合もあるでしょう。

両親に彼を紹介するなど、適切な対応が必要です。

ただし、女性の年齢(30代以降など)によっては快く送り出してもらえる場合もあります。

親世代にとって、同棲は結婚とほぼ同義語なのを理解しておきましょう。

3.すれ違いやすい

スピード同棲では、相手を良く知らないまま一緒に住み始めます。

お互いに高い理想を持ったまま同棲に突入し、「こんなはずじゃなかった」と失望するのは、よくあるケースです。

付き合いの長いカップルだったら滅多にない「ささいなこと」がきっかけで、同棲を解消したくなることが少なくありません。

付き合って日が浅いと「自分を知って欲しい」「相手を知りたい」のエネルギーが過剰になりやすいです。

ささいなトラブルでも、ついつい相手の人間性まで批判してしまうケースもあります。

男性がスピード同棲したい理由8つ

男性がスピード同棲したい理由8つ

男性がスピード同棲を希望する理由を見てみましょう。

1.いつも一緒にいたいから

シンプルに彼女が大好き、という理由です。一瞬でも離れたくありません。

デートの度に別れが来るのが切なく、「それならば一緒に住めばいいじゃん」という発想です。

毎日一緒に寝起きし、ご飯を食べ、スーパーへ買い物に行く生活を求めています。

同棲すれば、わざわざ予定をすり合わせ、デートの約束をする必要もありません。

2.毎日セックスしたいから

一緒に住めばセックスもしやすくなります。

自分の好きな時にできるメリットは女性が想像している以上に大きいです。

動画や画像、雑誌などで済ますのではなく、彼女とできる点も魅力的です。ホテル代もかかりません。

実際に実行するかどうかは別にして、「彼女とセックス三昧」な日々は付き合いたての男性ほど憧れが強いです。多少の懸念事項は気にしません。

3.家賃を浮かせたいから

一緒に住めば家賃や光熱費などの負担を軽くできます。

デート代やホテル代などもかからないため、貯金しやすいです。

実際、マンション・アパートの更新時期が迫るタイミングで同棲に踏み切るカップルは多くいます。

別々に暮らしていたらちょっと手が出ない高価な家電や家具も、購入しやすいです。

浮かせたお金を結婚資金や旅行などに回すのも、夢がありますね。

4.食事を作って欲しいから

一緒に住めば彼女の手料理が食べられると夢を見ている男性は、令和の時代になっても多いです。

現実には料理好きや尽くしたいタイプ、「女が料理を作らねば!」という考えがないと、毎日は頑張れません。負担が重すぎです。

むしろ男性が作って一緒に食べてもいいのですが、その発想はあまりありません。

女性は彼氏にご飯を作りたがっている、と考えている男性すらいます。

あまりにも期待されているようならば、やんわりと釘を刺しておきましょう。

5.結婚を考えているから

将来的に彼女との結婚を考えていて、結婚前に同棲した方が良いと思っているパターンです。

「一緒に住んでみないと結婚生活がうまくいくか分からない」ことを知っている、冷静かつ合理的なタイプの男性に多く見られます。

ただし、同棲しても全てが分かるとは限りません。

絶対に失敗したくない気持ちが強すぎて、些細な問題で結婚に踏み切れなくなることもあります。

始める前に期限や基準を決めておくのがおすすめです。

6.転勤・転居が決まったから

仕事で転勤が決まった、それまで住んでいた場所を退去することになったなど、物理的なきっかけによる同棲です。

遠距離恋愛や一人用の住宅を借りるよりは一緒に住んだ方が良いと考え、彼女に同棲を提案しています。

彼女が土地勘のない場所に引っ越したり転職が必要になったりする重大さを理解しているかどうかを確認してください。

7.浮気が心配だから

一緒に住めば彼女の行動を把握しやすくなります。

彼女が大好き過ぎて他の男にとられないか心配でなりません。同棲すれば自然とお互いに離れづらくなります。

喧嘩しても一つ屋根の下にいるしかないので気まずいだけです。そのため不要な喧嘩がなくなる傾向もあります。

とはいえ、元々嫉妬深い彼氏の場合、同棲しても安心できないかもしれません。

同棲後も外出先やLINE相手を執拗に確認される日々が続く可能性もあります。

8.甘えたいから

仕事で疲れて帰ってきたときに、生身の彼女に癒され甘えることを望んでいる男性です。

LINEや電話では摂取できないエネルギーがあります。

彼氏が甘えん坊や未熟、という意味ではありません。

帰る場所に彼女がいてくれることで、何事にも頑張れる気がする、関係をより深められると考えています。

他愛ない話をしながらご飯を食べ、洗濯物をたたみ、スキンシップをすることで明日への活力を養います。

スピード同棲しようと言われたら

スピード同棲しようと言われたら

彼氏からスピード同棲を提案された場合、どうしたらいいのかをまとめました。

1.彼氏に理由を聞く

スピード同棲はリスキーです。

彼がなぜ、スピード同棲を望んでいるのかを聞き出してください。

結婚を前提としていたり「一緒にいたい」という純粋な目的だったりするなら流れに身を任せてもいいでしょう。

ただ、「流れに身を任せる」とはいっても、押さえるところは押さえてください。

特に結婚を前提にしたものならば、期限を決めておきましょう。双方の両親に挨拶をすると、責任感が芽生えます。

2.場合によっては見送る

彼氏がスピード同棲をしたい理由が、単に経済面や家事、セックスなど、自分本位のものならば勢いだけでうなずくのは危険です。

彼氏は彼女から与えられるものばかりしか考えておらず、彼女のメリットを考えていません。

そのため「こんなはずじゃなかった」となりがちです。お互いをよく知ってからでも遅くありません。

スピード同棲を断ったことで別れるような男性ならば、同棲しても幸せになりにくいです。

3.友達・親に相談する

彼氏の気持ちを確認したうえで、自分だけで判断できない場合は第三者の意見も聞いてみましょう。

親や親しい友達がおすすめです。

親に相談する場合、男親は彼氏に反感を抱きやすいので母親が良いでしょう。

悩んでいる時は視野が狭くなりがちなので、外部の意見に耳を傾けるのは有効です。

また、相談には自分の気持ちを整理する効果もあります。

「スピード同棲」した女性の体験談3選

「スピード同棲」した女性の体験談3選

実際にスピード同棲をした女性の体験談を見てみましょう。

1.24歳Oさんの場合

飲み会で知り合った社会人3年目の同い年カップル。交際1ヶ月。彼氏のアパートの更新が迫っていたので、Oさんの自宅に転がり込む形で同棲をスタートさせました。

スピード同棲に不安を感じていましたが、家事が分担できることと、一緒にご飯を食べる相手がいることに幸せを感じています。

付き合ってまもないですが、結婚も視野に入れ始めました。

彼氏が家事に積極的なことが、成功のポイントですね。

2.20歳・Mさんの場合

バイト先で知り合った先輩と、交際2週間。実家暮らしでしたが、彼に「うちで一緒に住もう」と言われ、同棲開始。

親には反対されましたが、押し切りました。

最初は新鮮でしたが、徐々に家事を苦痛に感じるように。

労働時間が彼氏よりも短いため、家事をしっかりしないと彼氏の機嫌が悪くなるからです。

好きなだけでは一緒に住めないと実感。

結局バイトもやめて、早々に実家に戻りました。

以前よりも実家の家事を手伝うようになりました。

勢いにまかせ過ぎたようですね。次に誰かと住むときは、もっとうまくいくでしょう。

3.31歳・Kさんの場合

友人の紹介で知り合った3つ年上の彼氏と交際2ヶ月。年齢的に、結婚前提の交際でした。

そのため、同棲も結婚への第一歩のつもりでスタート!

一緒に住み、改めて「波長が合う」ことを確信でき、スピード同棲は正解だったと思っています。

現在は挙式や両家顔合わせなど、結婚に向けて準備中です。

目的がはっきりしている同棲であることがポイントです。

結婚に前向きであっても、週末のデートだけでは結婚生活のイメージはなかなか湧きません。

まとめ

まとめ:スピード同棲で結婚が早まるかはカップル次第

スピード同棲が良い結果になるかどうかはカップルによって違います。

まずは彼の気持ちや目的などを確かめましょう。

そして彼の気持ちだけでなく、自分が何を望んでいるのかもしっかり思い描いてください。

結婚に繋げたいのならば、「あり」か「なし」かだけではなく、「すり合わせられるか」も考えましょう。

オンライン占い館 当たる占い師.com
まずは無料で会員登録

当たる占い師.comは、電話占い・チャット占いができるオンライン占いサービス

凄腕の占い師が悩みを解決してくれますよ

今なら1,000円クーポン配付中!

今すぐ占う
オンライン占い館 当たる占い師.com