2022/04/17
不倫

不倫相手から嫉妬される理由とは?!男性心理を知って嫉妬に対処しよう

不倫相手から嫉妬される理由とは?!男性心理を知って嫉妬を回避しよう

不倫相手の男性から嫉妬されている。

自分は奥さんがいるくせに、不倫相手に嫉妬をしてくる男性ってなんなのでしょうね?

実は、不倫しているからこそという、男性特有のズルイ心理が働いています。

嫉妬の理由を知り、面倒を回避しましょう。不愉快な不倫など、全く価値がありません。

不倫相手から嫉妬される理由5選

不倫相手から嫉妬される理由5選

不倫関係にもかかわらず、嫉妬してくる男性心理を解説します。

「自分は奥さんいるくせに」と言いたくなりますが、実は自分に妻がいるからこそ、嫉妬しやすいのです。

1.自分のものだと思っているから

男性は独占欲が強いです。

不倫関係にも関らず、ぬけぬけと「君の一番の理解者は俺」「誰にも渡さない」と思っています。

自分のものなのに、自分の意に反するあなたを許せません。

嫉妬ではなく、正当な要求だと信じています。

2.フラれないか不安だから

不倫する男性は独占欲が強くても、自信家とは限りません。

あなたを自分のものだと思いつつも、いつかフラれるのではないかと不安を抱えています。

だからこそ、あなたが他の男性と親しくならないか、気になってたまりません。

あなたの周りにいる男性の詳細をしつこく聞いてくるのは、不安の表れです。

そして、「あなた以外の男なんて興味ないわ」という返答を望んでいます。

3.楽しそうに見えたから

他の男性と楽しそうにしているところを見て、ムカつくケースもあります。

「俺というものがありながら、なんであんなに楽しそうなんだ」というモヤモヤからの嫉妬です。

当たり前ですが、フリーの男性と楽しく過ごしていた方が健全です。

だからこそ不倫男性は、女性が正しい選択をしてしまわないように、些細なことでも咎めたくなります。

4.負けたくないと思っているから

あなたに堂々と交際を申し込めるフリーの男性に「負けたくない」と対抗心メラメラです。

俺の方が大人の魅力がある、収入が高い、仕事ができるといったアピールをします。

既婚者の時点で、同じ土俵に立てないことに気づいていません。

気づいていても見ない振りをし、何よりあなたに気が付いて欲しくないと思っています。

5.不倫できないと困るから

不倫を辞めたくない、どうしても継続したい、あなたが必要だという強い思いがあります。

自分勝手な言い分ですが、男性は切実です。不倫の沼にずっぷりとはまり込んでいます。

離婚する気はありませんが、不倫も辞められません。

女性側もこのような男性の嫉妬を嬉しく思ってしまうと、不倫関係がズルズルと続きやすいです。

不倫相手が嫉妬している時のサイン5つ

不倫相手が嫉妬している時のサイン5つ

不倫相手が嫉妬している時のサインを紹介します。

見逃してしまうと、余計に嫉妬が強くなって厄介になりかねません。

不倫関係を見直したいと望んでいるのならば、綺麗に別れるチャンスでもあります。

1.しつこくLINE・電話してくる

「さっき話していた男は誰?」「楽しそうだったね」など、LINEや電話でネチネチと質問されます。

プライドが高いタイプだと「どうでもいいけれど、ちょっと目についたから」など、なるべくサラッとしたニュアンスを出そうとすることも多いです。

ウンザリしているのならば「最近仲良くなったの」などと話し、関係性にピリオドを打つのもアリかもしれません。

2.「会いたい」と言われる

普段は言わないのに「今から会えない?」などと言いだしてきたのならば、不倫相手は不安を抱えています。

突然の「会いたい」に、あなたが応じてくれることで、愛されていると安心したいのです。

ここで彼のもとに駆け付ければ、彼は喜び、嫉妬心を納めるでしょう。

しかし、気が乗らないのならば「会えない。ごめんね」で大丈夫です。

罪悪感は抱かないでください。

3.門限などで束縛される

不倫関係にもかかわらず、あなたを束縛して他の男性を寄せ付けないようにする不倫男性もいます。

「君が心配だから」「君は危なっかしいから」などと言って、門限を設けたり定時連絡をさせたりするケースが多いです。

女性側も「私のためを思ってくれているのね」「私は彼がいないとダメだから」などと思い込みやすいです。

今すぐ不倫関係を解消する気が無かったとしても、束縛だけはされないようにしてください。

束縛を許すと判断力が鈍ります。

「夜は親と通話が多いから、連絡しないで」などと言っておきましょう。

4.連絡の頻度が高くなる

それまで気まぐれにしか連絡をしてこなかったのに、妙に頻度が高くなったのならば、嫉妬が原因です。

マメに連絡をして、あなたを繋ぎとめようとしています。

身の回りのことを根掘り葉掘り聞いたり、優しくなったり、サービスを良くしたりしやすいです。

あなたが彼からの連絡をウザイと感じたのならば、そろそろ不倫関係を見直す頃合いではないでしょうか?

5.SEXが激しくなる

独占欲がむき出しになると、SEXが激しくなります。

もしくは、回数が多くなるかもしれません。

情熱的なSEXで愛情を表現しようとしたりあなたを繋ぎとめようとしたりしています。

この刹那的な快楽が不倫の醍醐味とも言えますが……。

もう十分「不倫の一番おいしい時間」を味わったなら、そろそろ次を考えましょう。

不倫相手から嫉妬された時の対処法5選

不倫相手から嫉妬された時の対処法5選

不倫相手に嫉妬心を向けられた時の対処法を紹介します。

関係性を継続させたいのか、そろそろ終わりにしたいのかで、選択肢は変わります。

1.「勘違いだよ」と伝える

一度嫉妬に駆られた男性はやっかいです。

不安に駆られ、あなたへの束縛を強くしたり独占欲を丸出しにしたりします。

暴走する前に「勘違いだよ」と伝え、安心させましょう。

ただし「好きなのはあなただけ」などというセリフは控えてください。

嫉妬をスパイスに盛り上がってしまうと、いつまで経っても不倫から抜け出せなくなります。

「その程度のことに嫉妬する器の小さな男じゃないわよね」と言ってしまえば、プライドの高い男性はそれ以上嫉妬心を見せることができません。

2.「悲しい」と伝える

嫉妬がしつこいようならば、「疑われて悲しい」と言ってみましょう。

男性の罪悪感に訴える作戦です。

嫉妬や猜疑心で頭がいっぱいになっているとなんでも怪しく見えてしまうので、理論的な釈明はあまり意味を成しません。

疑いを向けられたことを悲しむ素振りを見せることで「俺は酷いことを言ってしまった」と、頭が冷えやすいです。

一方、「関係ないでしょ」「放っておいて」など、煽るようなセリフは良くありません。

逆上した男性が、関係をばらすなどの強行手段に出るリスクがあります。

3.話題を変える

話題を変え、気を逸らすのもアリです。

しつこく食い下がられても「気のせいじゃない?」で流しましょう。

男性にはプライドがあるので、何度も蒸し返せません。

また、本当に良い感じの相手がいる場合、馬鹿正直に話してはダメです。

問題がややこしくなります。

男性が「君に好きな人が出来たら、いつでも身を引くから」と普段から物分かりのいいことを言っていたとしても、真に受けてはいけません。

「最後に思い出を」「本当に彼でいいの?彼、頼りなくない」など、言い出してきます。

4.連絡を控える

嫉妬がしつこいならば、しばらく放置しましょう。

嫉妬ばかり向けられて一緒にいても楽しくないのならば、このままフェードアウトも視野に入れてください。

「せっかく一緒にいるのに、嫉妬ばかりされて楽しくない」などのセリフもおすすめです。

はっきりと「別れたい」と言ってしまうと、逆上する可能性があるので、少し様子を見ましょう。

理想はフェードアウト、もしくは男性から別れを切り出させることです。

男性側に未練が残っているとトラブルの元になります。

5.「不倫が辛い」と伝える

「不倫が辛い」と訴えます。

間接的に「別れたい」「普通の恋愛がしたい」と伝えられます。

不倫相手はこれを言われると離婚する以外にあなたを引き留められません。

「最初から分かっていたことじゃないか」と言われても「もう限界なの」で押し通しましょう。

「不倫が辛い」は男性が納得しやすい別れ方です。

「弱い私でゴメンね」というスタンスだと、男性はあなたを責められません。

不倫相手からの嫉妬に引いた女性の体験談3選

不倫相手からの嫉妬に引いた女性の体験談3選

不倫相手からの嫉妬で、冷めてしまった女性の体験談を紹介します。

1.23歳・Eさんの場合

新卒で入った会社の先輩と不倫。

そろそろ潮時かなと思っていた頃に、良い感じの相手ができたのでデートしていたら、たまたま見かけたらしく先輩から大量のLINEが来ました。

「その男は誰?」「今日用事あるって言ってたの、それ?」「良い感じなの?」「そういう男がタイプなの?」などの内容が延々と…。

一瞬ぞっとしましたが、「嫉妬される筋合いないし」「なんだか小さい男だな」と冷静になり、関係を終わらせました。

新社会人にとって、先輩はかっこよく見えてしまいます。

だからこそ、大量のLINEなどという無様な行為に気持ちが冷めてしまったのでしょう。

2.28歳・Kさんの場合

テニススクールのコーチと不倫。

同じレッスン生の男性と仲良くなったのが気に入らないらしく、「時間帯を変えろ」「連絡するな」などと束縛するようになりました。

うっとうしくなり「不倫が辛い」「あなたの顔を見るのが辛い」と伝えてスクールを退会しました。

今は仲良くなった男性と交際中です。

自分は不倫しているくせに束縛を強くされるのは腹が立ちますよね。

交際中の男性も、早々にスクールを変えた方が良いかもしれません。

コーチが良くないことを吹き込む可能性があります。

3.32歳Oさんの場合

職場の上司と不倫。

年齢的なことを考え婚活をスタートしました。

上司とは割り切った関係だと思っていたのに、「今から会いたい」などの連絡が増えるように。

このままだと泥沼にハマりそうだし婚活もうまくいかないと思い、距離を置いて不倫関係を解消しました。

「今から会いたい」でほだされないのは英断です。

自分の幸せをつかむためには、一刻も早く関係を見直した方が良いでしょう。

不倫相手からの嫉妬はスルーして大丈夫?!

不倫相手からの嫉妬は、基本スルーでOKです。

どれだけ嫉妬されても、不倫相手の本命にはなれません。関係が長引くほど泥沼にハマるだけです。

嫉妬を向けられ、本性が見えたのならば、気持ちの整理をつけやすいでしょう。

今後も不倫相手の機嫌を取り続けると、大切なものをどんどん失っていきます。

不倫相手からの嫉妬をきっかけに関係性を見直そう

不倫している男性から嫉妬された場合は、関係を見直すチャンスです。不倫している立場で嫉妬も誠実さもありません。

男性の機嫌をとることだけでなく、今後についても考えていきましょう。

ズルズルと深みにはまらないようにしてください。

オンライン占い館 当たる占い師.com
まずは無料で会員登録

当たる占い師.comは、電話占い・チャット占いができるオンライン占いサービス

凄腕の占い師が悩みを解決してくれますよ

今なら1,000円クーポン配付中!

今すぐ占う
オンライン占い館 当たる占い師.com