素直になれない時の対処法5選!気持ちを上手に伝えて恋愛を成功に導こう - URAKOI-恋愛コラム - 当たる占い師.com
2022/09/13
片思い

素直になれない時の対処法5選!気持ちを上手に伝えて恋愛を成功に導こう

素直になれない時の対処法5選!気持ちを上手に伝えて恋愛を成功に導こう

「素直になる」簡単なようで、難しいことです。

しかし素直になれないと何事もうまくいきません。もちろん、恋愛もです。

素直になれない時の対処法と、素直になるためのコツを紹介します。

素直さを身に着ければ、恋愛をもっと楽しめますよ。

「こんなの私のガラじゃない」と決めつけず、なりたい自分に変わっていきましょう。

「素直になれない」恋愛はうまくいかない!

「素直になれない」恋愛はうまくいかない!

素直になれないと、相手から理解されるのに時間がかかります。

男性は愛想がよく好意が分かりやすい女性に惹かれやすいです。

素直になれないと、男性に誤解されたまま終了ということも多いでしょう。

女性が素直になれるまで辛抱強く相手をしてくれる男性はドラマの中にしかいません。

素直になる方法を身に着けてください。

恥ずかしいことでもプライドを捨てることでもありません。もっともっと楽に楽しく生きられますよ。

「素直になれない」恋愛を続けるリスク5選

「素直になれない」恋愛を続けるリスク5選

素直になれないと恋愛が不利になります。具体的にどうなるのか見ていきましょう。

1.好きな男性と付き合えない

素直になれない女性はアプローチ下手です。

素直に「好き」が表現できません。

そのため、恋愛がうまくいかず、好きな人と付き合えません。

自分自身は「頑張っているつもり」であっても、頑張る方向が間違っているので、相手に届かずに終わります。

2.誤解されたまま別れる

なんとか好きな人と付き合えたとしても、交際が順調にいきません。

素直に振る舞うことが出来ず、誤解されて破局します。

ほんの小さなプライドが邪魔をして上手くいくはずだった関係が崩れるパターンが多いです。

つまらない意地を張るのを辞められず、せっかくできた彼氏に愛想を尽かされます。

3.好きな男性を奪われる

素直になれずにモタモタしている間に、アプローチ上手な女性が意中の男性の心を奪っていきます。

あなたが好意を分かりやすく表現していない場合は「奪う」という認識すら持たないでしょう。

男性は素直に好意を見せ、アプローチしてくれる女性の愛情を信じます。

わざわざ面倒なタイプの女性を詳しく知ろうとし、さらに深い関係を築こうとするのは余程のモノ好きだけです。

「自分の全てを受け入れて欲しい」というのは無理があります。

4.「彼氏いない歴」が更新される

「素直になれない=恋愛下手」です。

素直に好意を示せないので、彼氏ができません。彼氏いない歴がどんどんと更新されます。

素直になれないタイプは融通も利きにくいので、手ごろな男性で妥協することもありません。

素直になれない女性はとにかく「やりたくないこと」が多いです。素直にアプローチをするのもイヤ、心に決めた人以外からの好意を受け取るのもイヤ。

交際経験や彼氏が途切れないことがエライわけではありませんが、コンプレックスに思っているのならば自分の振る舞いを見直しましょう。

5.婚期が遅れて幸せのチャンスを逃す

素直になれないと、以下のコースに陥りがちです。

彼氏いない歴を更新

こじらせ女子

婚期を逃がす

交際経験が多ければいいというものではありませんし、結婚も早ければエライわけではありません。

しかし結婚したいのにできない、子どもが欲しいのに環境が整わないなど、「○○したいのに、叶わない」状態は苦しいです。

年齢を重ねれば重ねるほど、選択肢が狭くなり、条件が悪くなる傾向があります。

「素直になれない」恋愛の対処法5選

「素直になれない」恋愛の対処法5選

素直になれない自分を変えるコツを紹介します。

「できない」と決めつけず、「変わっていこう」という意志を持つことが大切です。悩んでいるくらいならば、行動しましょう。

1.LINEで気持ちを伝える

素直になれない人はLINEから練習しましょう。

LINEならば時間をかけて遂行できます。

相手が目の前にいないので心理的ハードルも低いです。

また、会った時はクールな印象なのに、LINEがめちゃめちゃ可愛ければギャップ萌えさせられます。

男性によっては「本当のあなたを知っているのは自分だけ」のような優越感を持つでしょう。

口下手=文才が無い、ではありません。

会って話すとどうしても緊張する、という場合はLINEを味方につけましょう。

2.「さっきはごめんね」とあやまる

素直になれない女性はプライドが高いです。

「自分が悪かった」と思ったら、すかさず「さっきはごめんね」と言いましょう。

間違いを認めるのは負けではありません。

謝罪をしたら未来永劫責められるわけでもありません。

「嘘も方便」という言葉があるように、本当はそう思っていなかったとしても謝罪することで物事が円滑にまわる場合もあります。

ただし、「何が悪かったのか」は内省しておきましょう。

3.言葉の代わりに行動でしめす

素直な言葉や謝罪の言葉が苦手ならば、行動で示しましょう。

キスやハグ、身を摺り寄せて甘えるなどがおすすめです。

男性によっては「ツンデレでかわいい」と受け取ってもらえるかも。

ただし、不機嫌なときと甘えるときの落差が激しいと、面倒がられることもあります。

意固地にならず、たまには「好き」と気持ちを伝えても良いでしょう。

4.恋愛上手な友達に相談する

恋愛上手な友達に恋愛の極意を伝授してもらいましょう。

恋愛上手な女性は男性心理のツボを押さえまくっています。

あなたと友達は違う人間なので、友達のコピーになる必要はありません。

しかし、せっかくもらったアドバイスをあれやこれやと理由をつけて拒否するのはNG。

友達に「だから恋愛で失敗してるんじゃん」と思われるのがオチですよ。「できない」「無理」は禁句にして、「どうやったらできるか」を考えましょう。

5.定期的に「大好き」と伝える

月1回くらいで「大好きだよ」と伝えましょう。

言われる方は「恒例のイベント」と分かっていても、悪い気はしません。

日ごろから「大好き」を言い慣れておけば、他の面でも素直な言葉が出てきやすいですよ。

日ごろの努力と習慣であなたは出来ています。「いざというときだけ素直になろう」は無理です。

「素直になれない」原因は5つある

「素直になれない」原因は5つある

どうして素直になれないのか、その原因を自覚すると、自分を変えていきやすいですよ。

1.小さい頃から我慢してきたから

親に厳しく育てられ、我慢の多い子ども時代を過ごすと素直な自分を出しにくくなります。

欲しがったり甘えたりすることに罪悪感を抱いてしまいがちです。

「我慢すればするほどエライ」と刷り込まれているので、意味のない我慢をしてしまいます。

もうあなたを押さえつけるものはありません。少しずつでも自分の心の声に耳を傾け、叶えてあげましょう。

2.兄弟姉妹が多かったから・長女だから

「お姉ちゃんなんだから」「女の子だから」などの理由で我慢を強いられてきたパターンです。

自分の望みをつらぬくよりも「丸く収める」を優先するのが身に沁みついています。

「みんなのために」「場のために」を考えた発言や行動が多いです。

その結果「何を考えているのか分からない」と評価されます。

迷惑をかけるのを恐れ過ぎるあまり、かえって人間関係をギスギスさせていることを自覚しましょう。

3.過去の恋愛にトラウマがあるから

「わがまま」「うるさい」などと言われて失恋した経験があると、自分を押し殺してしまいがちです。

素直に自分の気持ちを伝えると嫌われるのではないか、と恐れています。

自分が心地よいと思える恋愛相手を探しましょう。

相手を思いやることと素直な自分でいることは両立できますよ。

4.自分に自信がないから

自分に自信が無い人は相手に合わせようとします。

相手の顔色を伺い、相手が望みそうなことを言い、選択権はすべて相手に委ねることが自分にとっての「普通」です。

相手に合わせれば上手くいくと信じています。

しかし、男性側にとっては重くて気味が悪いです。

気持ちを教えてくれないので、いつまで経っても気を許してくれないと感じます。

5.「彼氏いない歴」が長いから

恋愛自体が御無沙汰だと「恋愛ってどうやって始めるんだっけ?」となります。

どのように振る舞えばいいのか分かりません。

照れたり緊張したりしやすく、素直じゃない態度をとってしまいがちです。

鏡の前で笑顔を作ったり彼に伝えたいことをぬいぐるみ相手に練習したりして準備体操しましょう。

リハビリは大切です。

「素直になれない」恋愛を乗り越えた女性の体験談3選

「素直になれない」恋愛を乗り越えた女性の体験談3選

素直になれなかった自分を変え、幸せな恋愛を掴んだ女性の体験談を紹介します。

1.ケンカした後は必ずLINEで謝罪(23歳・Oさん)

過去にケンカ別れしてしまったことがあります。

そのため、ケンカや言い合いをしてしまった後は必ずLINEで謝ることを習慣にしました。

LINEならば落ち着いて自分の気持ちを伝えられます。

気まずい空気を次に持ち越さないので、今の恋愛は長続きしそうです。

意見の食い違いはどのカップルにもあることです。

LINEをうまく使って解決するのはいい方法ですね。

そのうち、LINEを挟まなくても謝罪したり穏やかに話し合ったりできるようになるでしょう。

2.デート中に仲直りすることを習慣に(25歳・Kさん)

遠距離恋愛中です。

せっかくのデート中につまらないことでケンカして別れ話になりかけたことがあります。

なかなか会えないからこそ、ケンカしたらすぐに仲直りすることを心がけるようにしました。

今では必ず笑顔でデートを終わらせられています!

ケンカはきっかけよりも、その後の意地の張り合いで長引いてしまうことが多いです。

引っ込みがつかなくなる前に「デートを楽しみたい」という共通目的を思い出して解決策を探るようにしましょう。

相手を言いくるめよう、相手を従わせようという気持ちを抑え、「彼氏が大好き!」という素直な自分を見せられるのは素晴らしいですね。

3.恋愛マスターの同僚に相談(27歳・Kさん)

結婚したいのだけれど、彼氏いない歴5年の私。

気になる人はいるものの、どのようにアプローチしていいのか分からず時間だけが過ぎていました。

そこで意を決して恋愛上手の同僚に相談することに。

「男性の心をくすぐるLINE」を教えてもらい、実行したら彼からまさかの即レス!

その後も事あるごとに頼りにさせてもらい、無事付き合えました。

素直になる相手は男性だけではありません。

Kさんは同僚のアドバイスを素直に受け止め、実践したからこそ交際になったのでしょう。

素直なKさん相手ならば、同僚もきっとどんどんサービスしたくなったに違いありません。

結婚に向けて、頑張ってください!

まとめ ◆ 「素直になれない」恋愛はデメリットが多い!上手な気持ちの伝え方を知ろう

素直になれないのはさまざまな面でデメリットをこうむります。

もちろん、恋愛も例外ではありません。

本当に守る価値のある意地やプライドなのか、もう一度考えてみましょう。

少しずつでも言動を変えていけば、今よりも恋愛が楽しくなりますよ。

オンライン占い館 当たる占い師.com
まずは無料で会員登録

当たる占い師.comは、電話占い・チャット占いができるオンライン占いサービス

凄腕の占い師が悩みを解決してくれますよ

今なら1,000円クーポン配付中!

今すぐ占う
オンライン占い館 当たる占い師.com