2022/05/17
復縁

復縁の告白はLINEがベスト?!タイミングとテクニックで元彼と復縁できる

復縁の告白はLINEがベスト?!タイミングとテクニックで元彼と復縁できる

復縁の告白はLINEでするのがおすすめです。

いつ、どのようにLINEすれば復縁が叶いやすいのか紹介します。

LINEを効果的に使って元彼の愛を取り戻してください。

あなたの真剣な気持ちをLINEに乗せるテクニックがここにあります!

復縁の告白は「LINE」派が多数!

復縁の告白は「LINE」派が多数!

復縁のために告白をした経験のある20~30代の女性、40名に協力をしていただきました。

告白の手段は約7割にあたる27名がLINEです。

その他は直接伝える、手紙、電話などと分かれました。

LINEは復縁の告白でよく用いられる手段だということが分かりますね。

LINEを使用した理由は「普段からよく使っている連絡手段だから」「時間や場所を選ばないから」などが多かったです。

別れてしまうと、なかなか会えなくなるのも理由の1つでしょう。

復縁の告白をLINEでした場合の成功率は?!

復縁の告白をLINEでした場合の成功率は?!

LINEによる復縁の告白の成功率は30~40%程度と決して高くありません(このアンケートでは「再交際」だけでなく「やり取りが復活した」も成功カウントにしたため、成功率には幅があります)。

これはLINEを使ったからというよりも、復縁そのものが難しいことが理由です。

とくにLINEで復縁の告白をした女性は、別れた後、日常的に元彼に会っていません(別れた後も日常的に元彼と会っていた人はLINEではなく直接告白していた人が多かったです)。

LINEはあくまで手段として捉えるようにしましょう。

LINEテクニックはもちろん大切ですが、別れた理由や元彼との距離感なども復縁に大きく影響を与えます。

復縁の告白をLINEでするタイミングは?!

復縁の告白をLINEでするタイミングは?!

復縁の告白のタイミングは「別れてから2~3ヶ月」がおすすめです。

別れてから1ヶ月以内に告白しても元彼の心には響きません。

別れた解放感を楽しんでいるので、再び付き合うなどという選択肢が無いからです。

一方、3ヶ月以上経ってからだと、元カノのことを忘れているので、これも成功率が良くありません。

新しい出会いや興味に夢中です。

そこで、別れてから程よくクールダウンして、気持ちの整理がついている2~3ヶ月後あたりを狙いましょう。

復縁の告白LINEを成功させるコツ8つ

復縁の告白LINEを成功させるコツ8つ

復縁の告白LINEのコツを紹介します。元彼の心に響くLINEを送りましょう。

元彼がどんな気持ちになるのかを想像しながら作成するのがポイントです。

1.「大切さに気付いた」と伝える

シンプルに「あなたの大切さに気付いた」という文面が一番心に響きます。

元彼の自己肯定感が高まり、あなたへの印象が良くなりやすいです。

自分にとって元彼がどんな存在なのかを具体的なエピソードを絡めて伝えましょう。

ただし、別れた原因や責任があなたにある場合は「今更遅いよ」となる可能性もあるので、注意してください。

2.「寂しい」と伝える

「心に穴が空いたような日々」「こんなに寂しいとは思わなかった」なども効果的です。

元彼も別れてから寂しい思いをしている場合、返信をもらえます。

充実していた日々を元彼にも思い出してもらいましょう。

とはいえ、メンヘラを疑われるレベルで寂しさを訴えてはいけません。

「俺は寂しさを埋める道具じゃない」と思われます。

3.「反省している」と伝える

別れた原因があなたにある場合、「反省している」という姿勢を伝えるのは有効です。

「2度としない」「次はあなたの気持ちをよく聞くようにする」など、改善する気持ちを見せましょう。

それによって元彼が「今度は大丈夫かも」と感じたならば、復縁のチャンスです。

以前と同じような状況になったとき、どうするのか、何を言うのかなど、具体的に書くと説得力を出せます。

4.「もっと良い関係になれる」と伝える

「次はもっと大切にする」など一度別れたからこそ、より絆が深まるのではないかと提案してみましょう。

情に訴えるだけではなく、プレゼンで勝負する方法です。

元彼が理論派ならば、より効果的でしょう。

別れの原因があなたにある場合はいきなりプレゼンすると図々しいと思われるので、まずは反省の弁を述べてからにしてください。

5.「やっぱり好き」と伝える

「やっぱり好き」「あなたじゃないとだめなの」と伝えるのもアリです。

元彼はシンプルに嬉しい気持ちになります。

「もう一度、向き合ってみてもいいかな」なんて思ってもらいやすいです。

好きという気持ちをもらえて悪い気はしません。

一度は自分が好きになった相手ならなおさらです。

復縁が成功したら力関係などを考えていく必要がありますが、今は好き好き攻撃で元彼の心を揺らしましょう。

6.「今度は〇〇にしない?!」と伝える

例えば、マンネリ化が原因で別れてしまった場合は「デートは隔週にして、新鮮さを楽しまない?」などという提案をしてみましょう。

別れた原因に対して具体的な解決策を提示すると、元彼も復縁に前向きになりやすいです。

デートの方法、連絡の頻度、お金の使い方など、価値観のすり合わせが大切です。

しかし、きっかけは些細なことであっても、それが原因でお互いの人格をけなすような喧嘩に発展して別れた場合は「そういう話ではない」と突っぱねられます。

比較的揉めずに別れた場合に効果的です。

7.「友達からで良い」と伝える

「もし、あなたの気持ちが離れているのならば、友達からもう一度お願いしたい」と伝えます。

定期的なやり取りや、会う機会が確保できれば、とりあえず復縁の第一段階はクリアです。

復縁は「破局を無かったことにする」のではありません。

もう一度、信頼関係をゼロから、あるいはマイナスから築き上げていく行為です。

友達としてやり直していきましょう。

8.「いつもの場所で待っている」と伝える

「いつも待ち合わせしていた場所で待っている」と伝え、直接会うのを狙う方法もあります。

LINEではなく、直接会って気持ちを伝えると、元彼も無下にしづらいです。

この作戦では、待ち合わせに来てくれるかどうかが大きなポイントになります。

「別れた彼女の為にわざわざ時間を割きたくない」と思われてしまうと、状況は厳しいです。

まだLINEの方が手間の少ない分、相手をしてくれます。

復縁の告白LINEをする際のNG行動8つ

復縁の告白LINEをする際のNG行動8つ

復縁を遠ざけてしまう、NGなLINEを紹介します。くれぐれも自分の気持ち優先で突っ走らないようにしましょう。

1.元彼を責める

別れた原因が何であれ、復縁したいのならば元彼を責めてはいけません。

責められると、元彼は復縁したいという気持ちがゼロになります。

復縁には双方の努力が必要ですが、責められれば頑張って復縁する意味を見出せません。

元彼を責めなければ気が済まないのならば、自分自身が本当に復縁を望んでいるのか、もう一度考えてください。

2.反省しない

あなたがなぜ別れたのかを理解していないと、元彼はどうせ復縁しても同じ結末になるだろう、と思います。

「なんか分からないけれど、とりあえず謝っておこう」や「別れる直接の原因になった出来事についてのみ謝る」などのLINEでは、元彼の心は取り戻せません。

別れることになった直接の原因とは別に、いままで積もり積もったものはありませんか?

それを含めた反省と今後の決意についてLINEすることで、ようやく元彼はあなたに向き合う気を起こします。

3.大量の絵文字・スタンプ

絵文字やスタンプで華やかにし過ぎると、真剣味が疑われます。

スタンプは最後に1つ、絵文字は段落ごとに1つまでなどにしましょう。

照れ隠しや、気持ちを伝えたくてスタンプや絵文字を使いたくなるかもしれません。

しかし、読まされる方は適当にLINEを作成しているように感じます。

スタンプや絵文字は根本的に、真剣な反省や懇願を伝えるのに向いていません。

4.忙しいタイミングに送る

元彼が忙しいと、復縁は難しいです。

ただでさえ大変なのに、復縁などという厄介ごとに向き合う余裕がありません。

LINEをもらっても「それどころじゃない」とスルーされます。

共通の友人を通じて状況を確認したり元彼のSNSなどをチェックしたりしてタイミングを計ってください。

5.流ちょう過ぎる文面

理路整然した文章は分かりやすいですが、可愛げがありません。

あなたは真剣に書いていて、復縁することが合理的で、元彼にもメリットがたくさんあることを分かりやすく伝えているつもりでしょう。

きっと仕事でも高い評価を得ていて、周りの人からも頼られることが多いと思います。

元彼もそんな有能さに惹かれたのでしょう。

しかし、復縁の場でそれをやってしまうと、タスクをこなしているだけのような気がして、心が盛り上がりません。

上述したテクニックを参考に、ほどよく感情も滲ませてください。

6.やたらと感傷的な文面

「あなたと別れて世界の色が変わった」など、ポエミーな文面はダメです。

ふざけているのかと誤解を招きかねません。

あるいは「自分に酔っているな」と引かれます。

夜に文章を書くと感傷的になりやすいので、夜に書いた場合は翌朝見直してください。

元彼の前で声に出して言えないことは、LINEでもやめましょう。

7.期限付きの文面

「〇日以内に返信をください」という一言は余計です。

それくらいならば「いつまでも待っている」とアピールしましょう。

実際には待っていなくてもいいです。

自分の気持ちに区切りをつけるためにも期限を付けたいのは分かります。

しかし、一方的に期限を指定された側はイラっとします。

8.自意識過剰な文面

「あなたには私が合っている」「もう一度付き合ってあげる」という気持ちが透けて見えると萎えます。

自分に自信があることはいいことです。

復縁するメリットを相手に伝えるのも有効です。

しかし、復縁でそのような自意識過剰さを押し付けられるとげんなりします。

復縁を申し出る側が卑屈になる必要はありませんが、謙虚さは大切です。

復縁の告白でLINE電話は成功率が上がる?!

復縁の告白でLINE電話は成功率が上がる?!

LINEトークだけでなく、通話もおすすめです。

肉声の方が気持ちをより強く伝えることができます。

上手く話す必要はありません。どもってしまっても、涙声になってしまっても大丈夫です。

素直なあなたの声を伝えてください。

必死に話しているあなたを「助けたい」と思うはずです。

なお、通話に応じてくれたらまずは「電話に出てくれてありがとう」と感謝を述べることを忘れずに。

別れた後、電話に応じてくれるのは決して当たり前ではありません。

 

まとめ:復縁の告白LINEを成功させるコツはタイミングとテクニック次第!

復縁の告白LINEを成功させるコツはタイミングとテクニック次第!

破局すると会う機会自体が減ってしまいます。

だからこそ、LINEは復縁の確率を上げてくれる頼もしいツールです。

破局後2~3ヶ月後、程よく気持ちが落ち着いてきたタイミングで告白しましょう。

告白するときは自分の気持ちだけでなく、元彼の気持ちも良く考えてLINEを作成してください。

元彼に「もう一度関係を築き上げていこうかな」と思ってもらえるために、何ができるのかを考えましょう。

オンライン占い館 当たる占い師.com
まずは無料で会員登録

当たる占い師.comは、電話占い・チャット占いができるオンライン占いサービス

凄腕の占い師が悩みを解決してくれますよ

今なら1,000円クーポン配付中!

今すぐ占う
オンライン占い館 当たる占い師.com